LEGEND JAPAN(レジェンドジャパン)  京都・兵庫・鳥取 時と海の回廊

LEGEND JAPAN(レジェンドジャパン) プロジェクト

対象エリア

Legend Japan(レジェンドジャパン) は、以下のエリアを対象としています。

マップ

海の京都:エリア内の主なジオサイト

天橋立
日本三景のひとつとされている天橋立。全長約3.6km、幅約20~170mの砂嘴でできた砂浜には、約5,000本もの松が生い茂り、白砂青松・眺望景観の美しさから古来多くの人に愛されてきました。
天橋立にはクロマツの他にも多くの植物が繁茂しており、こうした植物が育つのは砂嘴の地下に真水を含む層があるからと考えられています。
経ヶ岬
近畿最北端の岬。約400万年前の火山活動で流れた溶岩が冷え固まってできた美しい柱状節理が経巻を立てたように見える事から経ヶ岬と名づけられたといわれます。
経ヶ岬には海抜140mの位置に日本最大級のレンズを使用した白い灯台があり、ここから見る景色は「京都百景」に選ばれています。
袖志の棚田
京丹後市丹後町にある「袖志の棚田」。日本海と山に挟まれるように、約400枚の棚田が扇状に広がります。
これらの地形は約10~12万年前の海食台がその後の地殻変動による隆起と海面の低下によって形成されたもので、里山と地形、海のある風景の調和が生み出す景観は、「日本の棚田百選」にも選ばれています。
立岩
京丹後市丹後町間人にある全国屈指の柱状節理の巨岩で、高さ約20m、周囲は約1kmにも及びます。
柱状節理が見られます。
約1600万年前の火山活動で、地中より上昇したマグマが冷えて固まり、その後の侵食を受けてこの岩が形成されたと考えられています。
琴引浜
全長1.8kmの砂浜は、歩くとキュッキュッと砂が鳴いているような音がする「鳴き砂の浜」として知られ、国の天然記念物にも指定されています。
海岸には日本海が形成された時代の地層が分布し、約1,500 万年前の海底にいた生物の残した生痕化石も見られます。
浜詰海岸(夕日ヶ浦)
京丹後市網野町の木津川河口の東側に位置する浜詰海岸は「夕日ヶ浦」とも呼ばれる夕日の美しい景勝地です。
周辺は温泉のある旅館が軒を連ね、夏は海水浴、冬はカニを目当てにたくさんの観光客が訪れます。
小天橋
京丹後市久美浜町にある、日本海と内海を隔てる砂州が「小天橋」です。
天橋立に似ていることから「小天橋」と名付けられ、風光明媚な景観が観光客に人気を博しています。
丹後砂丘
京丹後市久美浜町の小天橋砂州の先端から東方の網野町の木津川河口付近までを、丹後砂丘といいます。
海岸沿いに東西約4.7km、面積約590haの規模があり、京都府内最大の砂丘です。
広大な砂丘は砂丘農業地として利用されており、砂丘を活かしたメロン「久美浜砂姫メロン」、小ぶりで甘いスイカ「砂丘のたまご」などブランド作物の栽培も盛んです。
郷村断層
1927年(昭和2年)3月7日の北丹後地震によって地表に現れた断層で、京丹後市網野町浅茂川西方から下岡、高橋、郷、生野内を経て京丹後市峰山町、京丹後市大宮町口大野へ至る全長18kmの郷村断層が出現しました。
全体として10本程度の断層群からなり、1929年には国の天然記念物に指定されました。
網野町郷の樋口地区では断層が小屋の中に保存されています。